ADRPM1903 ラズベリーパイ用GPS拡張ボード“GPSCAP”

高い人気を誇ったGPS拡張ボードが解説付きで再登場!

従来有りそうでなかったGPS機能を拡張する基板として話題を浚ったラズパイマガジンとの連動製品「GPSCAP」がWeb解説を携えリニューアル!
多彩な機能を持つ本基板でGPS情報を記録し、ラズベリーパイの機能と併せることで様々な活用実験が可能になります。
UTC日付・UTC時刻・緯度・経度・高度・補足衛星数・速度と様々な情報を基板上の液晶に表示する事ができ、都度確認に便利です。
公式ケースにピタリとはまるその携帯性から、GPSロガーとしてドライブやレジャーのお供に連れてゆくのもGood。
また、リニューアルに際し新たに用意しましたWeb解説ページでは、組立から一連の動作までをしっかり解説!
初心者の方もしっかりGPS情報の取得が出来るような情報を揃えています。
製品は組立済み/キットの2種を用意。組立の難易度が比較的高い本製品ですが、腕試しには丁度いいかもしれません。
携帯とはまた用途の異なる多機能GPS端末がすぐさま用意できるこの拡張基板と共に、シングルボードコンピュータでの実験を楽しんでみませんか?

本製品はラズパイマガジン2017年4月号との連動企画にて誕生した製品のリニューアルモデルです。
ムックではより丁寧で読みやすいハイクオリティな詳細解説記事が掲載されています。

https://www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/book/17/260820

ラズベリーパイとの組み合わせでGPS衛星を捉え、情報をキャッチしよう!

GPSCAPはGPS衛星を捉えることで緯度、経度、高度などの位置情報の他、UTC日付、UTC時刻や現在の捕捉衛星数、速度を表示することが可能です。

GPSCAP-K

ピンヘッダーに差すだけでラズベリーパイがGPSロガーに早変わり!

GPSCAPをRaspberry Piのピンヘッダーに差すだけでGPSロガーとして動作!測位データを記録したファイルをGoogle マップなどに取り込んでの経路確認の他、ドライブや、登山などレジャーのお供に!

Raspberry Pi純正ケースピッタリサイズ!

Raspberry Piの純正ケースにピッタリ納まります。対象モデル「Model B+/2B/3B」(*本製品にRaspberry Pi本体及びケース、ケーブル類は付属致しません。)

(※部品が干渉するため、RCA端子を持つ初期モデルのRaspberry Piには接続できません)

サンプルプログラムとしてシェルスクリプトとPythonの2種をご用意

手軽に拡張基板を制御できるシェルスクリプトとPythonのサンプルプログラムをご用意。測位データの取得の他、LCDへの文字表示や、LED発光などの他、スイッチの読み取りなど手軽に拡張基板を制御可能です。

監修・技術協力

小野寺 康幸氏 電子工学を専攻し各セミナー、電子工作マガジン、トランジスタ技術などで電子工作に関する著作を多数執筆し活躍中。 論理思考に基づく開発能力に定評がある。

ソフトウェア、捕捉説明などについて

ソフトウェア、捕捉説明などは開発者である小野寺 康幸氏の情報サイトをご確認ください。

 [e電子工房]

●完成基本仕様
【対応機種】Raspberry Pi Model B+/Raspberry Pi 2 Model B/Raspberry Pi 3 Model B & B+
【GPSモジュール】GPSモジュール:GAM-2107-MTR
【バックアップ電池】CR2032(本製品にCR2032電池は付属しておりません。別途お買い求めください)
【本体寸法】H15xW65xD56mm(サポート含む)
【完成重量】約30g(電池含まず)
【動作環境】 温度0~45℃、湿度10~60%(結露なきこと)
【生産国】Made in Japan

個別仕様
【部品セット付属品】部品表1部(Raspberry Pi本体は付属いたしません)
【組立済み付属品】部品表1部 保証書1部(Raspberry Pi本体は付属いたしません)
【生産国】Made in Japan  【組立済み保証期間】お買い上げから1年間

(*Raspberry Pi本体及びケース、ケーブル類は付属致しません。)

ページ上部へ戻る