記事の詳細

使用感

USB2BTを市販の清涼菓子のパッケージを使用してケースを作ってみましょう。
市販清涼菓子の選定はフ○スクとか、フリ○クなどの清涼菓子がよろしいかと・・。中身はちゃんと食べましょうね!

完成予想図

完成予想図

用意するものは・・

カッター・ニッパー・ハンダゴテ こんなところでしょうか。ハンダゴテはケースを溶かす工程で使用しますので注意してください。ハンドドリルがあれば綺麗に加工できると思います。

 

さてそれではケース製作いってみましょう。

 

 

上蓋の加工

clip_image002

フ○スクのラベルをはがし、キット付属のラベルを貼ります。ラベルの○に従って穴を空けるため、ケースとラベルがずれないよう十分注意して下さい。

 

右の□の部分をカッターで切ります。

右の□の部分をカッターで切ります。

 

01

 

 

 

4つの○と小さい□を半田ごてで穴を開けます。小さい□はカッターで形を整えます。ケース加工後は必ず溶けたプラスチックをふき取り、こて先を溶かした半田でまんべんなく濡らして下さい。こうしないとハンダゴテが死んじゃいますからね。

最後に裏側にはみ出た部分をカッターで削ります。

最後に裏側にはみ出た部分をカッターで削ります。

下蓋の加工

上蓋の切り込みに合わせて切り込みを入れます。高さ6mmの切り込みを入れます。

02

 

下蓋の仕切りを切り取りましょう。ニッパーを使うと簡単ですよ。

03

 

まず長いほうの仕切りをニッパーで上から2箇所切り、根元にカッターですじを入れ、指で折り切ります。

04

短いほうの仕切りを横と上からニッパーで切り取ります。

clip_image029

 

次に下蓋に基板を入れ、コネクタ位置にカッターで印を付け、高さ5mmの切込みを入れます。

05

 

基板を入れて完成です!

接続イメージ-CASE

 

WP-製品紹介D14-USB2BT-M

 

関連記事

ページ上部へ戻る