記事の詳細

phC-BTO

Apple Piについてトランジスタ技術8月号、記事で訂正のお知らせがありましたので、当サイトにても公開いたします。

あくまで記事転載ですので、詳しくはCQ出版社 トランジスタ技術サイトをご確認ください。

 

記事訂正内容

(1)p.123 図2 LCD(8文字×2行)は出力,温度,湿度,気圧センサは入力
(2)p.123 右段上から4行目
温度の初期値は高めに,湿度の初期値は低めに

温度は高めに,湿度は低めに
(3)p.124 図3 AQMC802→AQM802
(4)p.129 右段上から4行目
$ wegt http://www.cqpub.co.jp/download/ApplePi.tar

$ wget http://toragi.cqpub.co.jp/portals/0/support/2016/201608ApplePi/ApplePi.tar
(5)p.130 右段上から1行目
$ echo low > /sys/class/gpio/gpio5/direction$
echo high > /sys/class/gpio/gpio5/direction

$ echo low > /sys/class/gpio/gpio5/direction
$ echo high > /sys/class/gpio/gpio5/direction
(6)p.130コラム 左段下から1行目
tabid/795/Default.aspx

tabid/807/Default.aspx
(7)p.137 左段上から3行目
get I R2コマンド → get IR2コマンド
(8)p.140 図10 A-Dコンバータのブロックを削除

 

また作者である小野寺氏のサイトにてもサポートページが開設されていますので、ご確認いただければ幸いです。

●開発者:小野寺 康幸
http://einstlab.web.fc2.com/
ApplePiサポートページ
http://einstlab.web.fc2.com/RaspberryPi/ApplePi.html

関連記事

ページ上部へ戻る