記事の詳細

話題の触感デバイスを気軽に試すことができる、アンプ・振動アクチュエータがセットになった体感モジュール

WP-製品紹介M30-ADTED

VR(バーチャルリアリティ)技術の急速な高まりにより、にわかに脚光を浴びることとなった触感デバイス。触り心地を人工的に構成し、あるはずのない触感をヒトに感じさせます。
本製品は扱いやすい音声信号をソースに振動アクチュエータにより微細振動を作り出すことで、触感フィードバックを再現します。
振動アクチュエータ、アンプ部ともに小型化されておりバッテリーによる駆動のため自作のコントローラなどに組み込みやすく、音声信号での入力により、触感デバイスに触れたことのないユーザーでも容易に取り扱うことが可能です。

製品ラインは入力信号が1chのスタンダードモデルとステレオ入力可能な2chの2種類をご用意しました。
2chモデルでは1chをBGMおよび効果音ミックスして音声として使用する一方、触覚音声データのみを再生することで、視覚-聴覚-触覚が融合した、より高度な「マルチメディアコンテンツ」の作成も可能です。

触感体感参考動画

(c) TECHTILE project + YCAM InterLab
 
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科  TECHTILE toolkit

こちらの動画の音声をモジュールに出力すると、サンプルとしてお楽しみいただけます。

詳しい情報はこちら!

関連記事

ページ上部へ戻る