記事の詳細

91f8db1df2f4581c550d20fd785019f6

さる10月21日、触感デバイス体感モジュールによるミニハッカソン「新世紀ショッカソン」が秋葉原にて開催されました。

今回は、ショッカソンで触感デバイス体感モジュールを使って製作された作品をフォトレポート形式でお送りいたします!

アイデア出し

触感デバイス体感モジュールを使用したアイデアをメモしていきます。時にはみんなでメモを回したりしてアイデアを追加していきます。

まずはみなでアイデア出しです。思いついたアイデアをメモしておきます。

 

 ひととおり、アイデア出しが終わったら、1枚の紙にまとめてアイデアを壁に張り出します。

実現できそうなアイデアを壁に貼っていきます。

実現できそうなアイデアを壁に貼っていきます。

 製作

アイデア出しが終わったら、みなでお昼&買い出しです。ここは秋葉原、電子部品を購入するには、まったく困らない環境です。早めに作業に入る方もいましたが、やはり材料探しに100均を目指すようです。

P1450437

 

中には収録といって、すでにアルコールが入っているかたも・・・

中には収録といって、すでにアルコールが入っているかたも・・・こちらはビールになる触感だそうです・・。

 

さあ ここでアイデアを振り返ってみましょう。

P1450434

 

 

P1450432

P1450492

 

 

P1450494参加作品は、けっこう際どいものもありました。

おおお、という感じですね。

おおお、という感じですね。

 

触感でこれは、いやな予感しかしません・・。

触感でこれは、いやな予感しかしません・・。

 

 審査、鑑賞会

時間がきたら、作業終了です。残念ながら稼働状態まで、もっていけなかった作品もありますが、個性的な作品が製作されましたよ。

審査は弊社、代表取締役 阿部によって行われました。そのほか、参加者全員で投票するオーディエンス賞ももうけられ。みなで楽しく作品を鑑賞しました。

 

P1450458

いきなりですが、胸でビートを感じるデバイスだそうです・・・・。テクノミュージックが奏でられているそうですが、体感した弊社社長いわく、「何か・・・、別な何かが開発されていくようだ・・・。

さあ、次いってみましょう。

こちらはアイデアとしては先のものに近いのですが、ほかの方(彼女)の心音を感じるデバイスだそうです。100均のタオルハンガーを利用して製作された筐体は微妙なカーブとあいまってYOUTUBEで配信された女の子の鼓動を奏でると鼓動を感じることができます。

体感した弊社社長いわく、「感じる・・・、この娘の鼓動を感じるぞ・・・!

P1450476

さあ、次いってみましょう。

つぎの作品は残念ながら完成に至らなかったものですが、VRを使った暗闇迷路で、紙コップに仕込まれた触感デバイス体感モジュールを使い触感によって、暗闇の中、出口まで向かうコンテンツになる予定でした・・・。

P1450475

体感できなかった弊社社長いわく、「残念!!!!

さあ、次いってみましょう。

次のデバイスは、一回で三倍たまる貯金箱!!! コインを一枚いれると、なんと3回分のチャリン!!!が聞こえるというバーチャル貯金箱です。

P1450462

体感した弊社社長いわく、「うーん、、アイデアは良いけど、開けた時にやっぱり三分の一なので残念!!!

さあ、次いってみましょう。

 

次は、自らの声をサンプリングし増幅、吉野家の牛丼弁当を振動させて、おなかに返すことで倍音によるヒーリング効果?!をもつ癒しグッズです。

P1450479

体感した弊社社長いわく、「うん! 吉野家の牛丼弁当ケースが、これほどの振動族福効果をもつとは!!

 

お次はオーディエンス賞を受賞したネコ ゴロゴロクッションです。 当初はモーターを使用して触感を出したいたそうですが、今回、触感デバイス体感モジュールに変更したところ良好な結果を得られたとのことです。

P1450488

実際にネコ ゴロゴロクッションを体感した弊社社長いわく、ネコのゴロゴロを感じる!!癒される!!

ちなみにこのネコちゃん、機嫌の悪いときはシャー!ともいうらしいですよ。

 

次は、ショッカソン発起人 竹内さんによる危険な触感、その名も「ホイホイ」!!

P1450507

この箱の中に、なにかカサカサと何かが、うごめいています・・・。これは、なんだか、とても気持ち悪い・・・。P1450509

 

中は触感デバイス体感モジュール2ch版によって構成され、音声信号を左右にパンすることで移動を表現しているそうです。デモ中に止まってしまったときは、周りから「逃げた!!」の声、さすがショッカソン発起人ですね。

実際にホイホイを体感した弊社社長いわく、正直、あまり体感したくない・・・・・

 

最後は今回、ビット・トレード・ワン賞を受賞した 「くまちゃん

弊社事務所になぜか配属されている”秘密のくまちゃん”を改造しインタラクティブなグッズに変身させてくれました。弊社、静電容量スイッチとスマートテキスタイルによる導電布を使用することで、クマちゃんを触ると接触に応じインタラクティブな反応が返ってきます。

P1450470

 

体感した弊社社長いわく、「素晴らしい! とにかくブラボーです!弊社の静電容量とスマートテキスタイルを入力に用い、出力される矩形信号をもとに振動データを製作、触感デバイス体感モジュールで出力を行うことで、リアルタイム且つインタラクティブな新しい蝕感を生み出しています。矩形データを利用することでゴツゴツした触感をえることができ、今後の可能性を十分に感じます。発想、実行力ともに非常にトレビアンです!」とコメントいただきました。

 

さて、短い時間の中で様々な作品を生み出したミニハッカソン「新世紀ショッカソン」次回も開催が予定されていますので、皆さんもぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

参考リンク:新世紀ショッカソン

 

 

WP-製品紹介M30-ADTED

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る