記事の詳細

初心者から上級者までハイレゾオーディオを楽しめるラズパイ用DACボード!

WP-製品紹介M33-ADRPM1801P

製品概要

ラズパイマガジン 2018 年 4 月号との連動企画によって生まれた“Raspberry Pi 用ハイレゾオーディオDAC ボード”
TI 社製高機能ハイレゾリューションオーディオPCM5122DAC モジュールと、
カラーTFTディスプレイを搭載したRaspberry Pi 専用拡張基板です。

ラズパイマガジンでは本機の監修を務めたベテランテクニカルライター米田聡氏により製作から活用までを解説、
ラズパイを使ったハイレゾオーディオの世界を楽しむことができます。

記事中では赤外線リモコンによる操作可能なミュージックプレイヤーソフトがサンプルとして提供される他、
上級者を対象にシステムクロック外部入力にも対応することで、
Raspberry Pi 用のDAC としてさらなる音質や特性の向上を狙うことが可能です。
製品ラインナップは付録基板を組み立てるための部品セットのほか、組立済み版もご用意いたしました。
さらに両製品に添付されている高性能PCM5122DAC モジュールも別途販売、
28 ピン採用によりブレッドボードやユニバーサル基板に組み込みやすいサイズで、
上級者はモジュールのみを用い自分だけのハイレゾオーディオを構築することも可能です。
*システムクロック外部入力への対応は別途お客様による追加加工が必要となります。

詳しい製品情報はこちら!

関連記事

ページ上部へ戻る