電流帰還アンプ

スピーカーのインピーダンス変動に影響されず、
音量を忠実に再現する”電流帰還アンプ”

BTOマイプロダクト サービスについて電流帰還アンプ
スピーカーのインピーダンス変動に影響されず、全ての音域で音量を忠実に再現する小型高音質の”電流帰還型”アンプキットです。

スピーカ-が本来持つ周波数と圧力を忠実に再現するために

驚かれるかもしれませんがスピーカーにおける公称インピーダンスは最低インピーダンスを表示しているに過ぎません。

例えば典型的な8Ωフルレンジ・スピーカーを計測すると低音の共振周波数は48Ω、高音では20Ω以上にもなります。

1pixG

8Ωスピーカのインピーダンス測定結果 、低音域や高音域で顕著にインピーダンスが大きく変動しています。

これら一般的な非反転増幅回路を使用した電圧駆動アンプでスピーカ-を駆動させた場合、入力に対し電圧が増幅される形で出力されます。
電圧が一定なら負荷抵抗Rが小さいほど出力電力が大きくなり、8Ω負荷の場合と16Ω負荷の場合での出力電力はなんと2倍程度の開きが見られます。

 

この時、接続されているスピーカのインピーダンスが一定であれば、入力に比例する形の電力が得られますが、実際にはスピーカ-のインピーダンスの上昇によって出力電力が変動し出力電力をスピーカーに正しく伝えることができず音量にムラを生じてしまう結果となります。20W出力を謳ったアンプでも低音や高音では実際の出力電力を出す事ができず低音不足や高音不足として現れてきてしまうことになります。

これではどんなに周波数特性の良いスピーカ-を使用しても、全ての周波数で一定の出力を出せるアンプが無い限り、スピーカ-本来の性能を発揮することはできません。


全ての音域で入力信号を忠実に再現

これに対して電流帰還アンプでは、インピーダンス変化に対して一定の出力が得られるように調整され全ての周波数で入力信号に対して適正な出力電力を出す事で一般的な電圧駆動アンプに見られる低音不足や高音不足に陥ることを防ぎます。従来のアンプでは再現されなかった低音や高音が再現され全ての音域で入力信号を忠実に再現しスピーカー本来の性能を発揮することが出来るのです。

 

電流帰還アンプによるインピーダンス測定

電流帰還アンプによるインピーダンス測定

 

page2-7kai

キットアンプでありながら電源ノイズ対策を実施

ディファレンシャルコイルで高周波ノイズを、レギュレータで低周波ノイズをフィルタすることでキットアンプでありながらピュアオーディオレベルの電源ノイズ対策を実施。またリセット併用遅延回路で電源ON時の不快なポップノイズを回避しました。

3pix

 

写真による図解いりで詳細な組立マニュアルが付属

電子工作入門者の方でも簡単に組立が可能な図解入りの詳細マニュアルが付属、ハンダ付け初心者にも迷わず安心して組み立てを楽しむことができます。

カラー写真付き組立てマニュアルで迷わず安心

 

キット版の他便利な組立完成版もご用意

1pixB

ハンダ付け行程を含む電子工作を楽しみたい方向けの[キット版](写真右)と、ハンダ付け行程を排除した[組立済版](写真左)をご用意。
お好みに応じてお選びください。

 

 

情報交換フォーラムを設置 ソースコードの改変も自由

本製品について分からない事について気軽に質問したり、経験者に相談できるフォーラムを特設サイト内に設置しています。

フォーラムにはソースコードや設計資料の公開の他、回路図も公開、上級者には本製品をさらに楽しんでいただく情報が満載です。

もちろん自分の作ったオリジナルファームウェアを紹介する事が出来るので開発もよりスピードアップ!

誰でも自由に情報を交換できる「アセンブリーデスク」

情報交換フォーラムはこちら


製品仕様

  • 製品名:電流帰還アンプ
  • 製品型番:キット版 AD00026 / 組立済版 AD00026P
  • 入力端子:RCL(L / R)
  • 出力端子:ターミナル
  • 出力電力:0.5W + 0.5W(4Ω ~ 16Ω)
  • 電源:DC15V(電源アダプタ付属)
  • サイズ:W109×D101×H31mm(突起部ふくまず)
  • 重さ: 約219g
  • 梱包内容:キット部品一式/電源アダプタ/マニュアル
  • 別途ご用意:半田ごて一式/六角レンチ /RCAケーブル / スピーカーケーブル
  • 希望小売価格:5,980円 / 組立済版 7,980
  • JANコード :キット版 4560196900325 / 組立済版 4560196900332
ページ上部へ戻る