Bluetooth® Low Energy搭載 静電容量式センサIoT開発キット

ADBLE01P

IoT試作ベースに最適なBluetooth® Low Energy近距離無線通信を利用した静電容量式フィルムセンサ測定ボードです。

静電容量方式でセンシングし、近づくだけで反応する近接センサや、触るだけで反応するタッチセンサなど様々な形態のセンサでのIoT開発の検証・構築が可能です。

ジオマテック株式会社製作のスマートフォンアプリを組み合わせ、画面上で静電容量の変化を確認しながら感度やしきい値などの調整を行うことが可能なミニサイズのセンサIoT開発キットです。

超ミニサイズ!フ○スクサイズのBluetooth® Low Energy対応IoT実験ボード

Bluetooth® Low Energy搭載にしてフリ○クサイズの超ミニサイズ。静電容量方式でセンシングし、近づくと反応する近接センサや、触ると反応するタッチセンサなど様々な形態のセンサを検証・構築が可能です。

信頼のサイプレス・セミコンダクター社製BLEモジュール(CYBLE-022001-00)を搭載

BLE4.1に対応したBLEモジュール搭載で試作ベースに最適、国内技適にも対応しておりますので、容易に量産に向けての検討・開発が可能です。

外部出力端子搭載、各スイッチのON/OFF、 PWM出力(USB給電時のみ)の切り替えが可能に

ボード上の外部出力端子を使用し、各スイッチのON/OFFのほかUSB給電時にはPWMでセンサ状態をアナログ的に出力することも可能、センサ状態とは別個にスマートフォンアプリから出力状態をコントロール。タッチセンサでLEDを光らせるなど、対象組み込み機器にタッチセンサや近接センサ機能を簡単に追加できます。

GEOMATEC社製スマートフォンアプリでセンサ状況をリモート把握!

センサの値をリアルタイム把握可能なGEOMATEC社製作のスマートフォン対応モニタツールをご用意、感度・しきい値を設定し、環境に最適な状態に調整する事が可能です。

サンプルソースコードを利用して、リモートタッチスイッチで制御するオリジナルアプリの制作も可能に!

ジオマテック株式会社 http://www.geomatec.co.jp/

独自の静電容量センサ向けサービス・キャラクタリスティック

静電容量センサを利用するために便利な、GATTベースの独自プロファイル(サービス・キャラクタリスティック)を内蔵しています。BLEのCentralデバイスから接続し、容易にコントロールが可能です。

・取扱い説明書 [PDF]

サンプル [IoTKitDemo]

製品仕様

【近接検出原理】自己容量方式
【分解能】6-16bit 起動時または感度変更時に自動選択
【スイッチ数】4【スイッチしきい値】1023段階【スイッチ感度】9段階
【出力ポート数】4【出力方式】On/Off、PWM 選択可能
【対応インターフェース規格】 Bluetooth® Low Energy (Bluetooth® 4.1)
【動作電圧】CR2032バッテリー:2.0~3.0V/USB:5V±5% *CR2032電池は付属しておりません。
【付属品】センサ用透明導電膜フィルム(ジオマテック株式会社製 ITO膜) 1枚 チェックピン 1個 ワニ口クリップ 1個 保証書1部
【本体寸法】58W×25D×6Hmm(突起部除く)
【重量】約7g 【生産国】Made in Japan
【動作環境:温度】0~45℃、湿度10~60%(結露なきこと)

アプリケーション仕様
【対応機種】Bluetooth®4.1を標準で持つiOSデバイス

ページ上部へ戻る