映像認識システム搭載!多関節4足歩行型ロボットキット 「クアッド・クローラーAI」

Pocket

組み立てマニュアルはこちら!

プログラミングアプリ 「つくるっち」 詳細はこちら!

クラウドファンディング企画として大好評を頂いた「クアッド・クローラー」をベースに、大幅なブラッシュアップ&機能向上を果たしました。

ドライバーのみで組み立てられる簡単なキット組立やユーモラスな一連の動作はそのままに、映像認識によるAI制御機能が追加。

障害物を避ける等の基本的な使い方から、これまでのルートをもとにマッピングを行い迷路からの脱出を果たす等、AI制御のイロハが学べます。

プログラミングアプリにはスクラッチ言語開発環境「つくるっち」を引き続き採用。

ブロックプログラミングでわかりやすく取り組むことができます。

脚部パーツや基板との取付部分にも大幅な改良を行い、より作りやすく、より大きな動きを実現することができました。

新たなクアッド・クローラーAIの製作でロボット工学分野への理解を深めてみませんか。


製品の用途例

簡単に組み立てられるロボットとして、子供への学習向けプレゼント

工学系を志す大学生のハード/ソフトへの入門キット

映像認識を利用したAI制御の学習

映像認識を利用した学生へのデモンストレーション


製品の特長 

・AIカメラ映像認識システム搭載!顔や色などを認識しての行動が可能

AIカメラを搭載し顔認証やフェイスメッシュ解析、環境の認識を行えます。

ライントレースや、笑顔から口元の動きを認識して特定の動作を行わせるなど、様々に活用できます。

AI画像認識を学習するファーストステップに最適です。

・カメラからの映像をネットワークカメラとして取り込み、PCから確認可能

AIカメラの映像はUSBやWifiを通じてPCやスマホに取り込むことができます。

更に映像越しでのコントローラ操作も可能、遠隔操縦ロボットとして動かす楽しさを味わうことができます。

赤外線リモコンだけではなく、PCのキーボードやUSBコントローラ、更にスマートフォンからの操作にも対応しています。

・多関節4足歩行ロボットが ”より” 簡単に製作可能!

前作クアッドクローラーで好評だった、ドライバー一本のみで制作可能なアクリルボディもパワーアップ。

設計変更により制作過程の効率化と脚部剛性の向上を両立し、更に組みやすく&動かしやすくなりました。

スクラッチアプリ「つくるっち」から様々な動作・プログラミングを実行可能!

ブラウザでも動作する簡単なプログラミングアプリ「つくるっち」もクアッドクローラーAIに合わせて進化。

入門・学習に最適なスクラッチプログラミングアプリとして、より使いやすくわかりやすくなりました。

STEM教育を見据えた、お子様のプログラミング学習の先取りにもぴったりです。

Github上でオンラインマニュアルを公開、誰でも基礎からプログラミングを試して頂けます。

・ROS(Robot Operation System)に対応

Linuxで動作する、ロボットを制御するためのOSで制御することができます。

※Websocket通信を行うROSノードプログラムが必要です。 

ご注意!

本製品をお使いになるには電子工作や電子回路についての一般的な知識が必要です。

(*乾電池及びACアダプタは付属致しません。別途ご用意ください)


基本仕様

【搭載マイコン】ESP32-WROOM-32E
【外部インターフェース】赤外線受光部、USB Type-C(2.0)、サーボモータ予備出力x4、GROVEコネクタ(UARTx1、I2Cx1)
【周辺機能】カメラ、超音波センサー、ブザー、フルカラーLEDx8、汎用タクトスイッチx1、リセット用タクトスイッチx1
【電源】単三アルカリ又はニッケル水素電池x4(電池は付属していません)、DCジャック(DC5V専用)
【プログラミング環境】専用アプリ (対応OS Windows)
or Arduino IDE(対応OS Windows,MAC OS,他)
【駆動部】サーボモータ x 8(PCA9685にて制御)
【本体重量】約210g
【本体サイズ】W190×H90×D190mm
【付属品】リモコン、説明書
【別途必要物】プラスドライバー2本(大小)
【使用温度】 0 ~ 40℃(結露なきこと)
【生産国】Made in Japan

ページ上部へ戻る