Pocket

自作キーボードコミュニティで圧倒的支持を受ける4×7 ortholinear スプリットキーボードベースモデル。

キースイッチとキートップをセレクトすればオリジナルキーボードの完成です。安心のファームウェア書き込み済

Ergo42 とは – 開発者 よりhttps://twitter.com/biacco42

4×7 ortholinear スプリットキーボードです。
シンプルで小型、必要十分なキー数を兼ね揃えたスプリットキーボードとして設計しました。
Let’s Split などの 40 % キーボードだとちょっとキー数が少なすぎて困る、親指で使うキーを増やしたい、という私の希望を叶えるために作られたキーボードです。
また、スプリットキーボードの特徴として間にペンタブを置いたりすることができ、キーカスタマイズでショートカットを好きに配置できるので、お絵かきする方にもおすすめです。

制作例
制作例

付属の脚を底板にジョイントさせることでキーボードに傾斜をつけることができます。
また、手前から奥方向への傾斜だけでなく、外側から内側へ向けての傾斜にも対応できるように2種類の脚が付属しています。
ProMicro(コントローラー)部分の高さを薄くすることで、重ねての持ち運びがしやすくなっています。
左右のProMicroをどちらも表面を下側に向けて取り付けられるようになり、組立時にProMicroの取り付け方向を間違えにくくなっています。

キー配列および配列変更について

本ベースキットは 初期キー配列は書き込み済みですが、WEBブラウザ上でのQMK Configuratorによりドラッグ&ドロップでキー配列を変更可能です。

ドラッグ&ドロップでお好みのキー配列を!
初期書き込み済みキーレイアウト

制作について


制作について、画像つきの仔細なビルドガイドを用意しております。

ご注意!

本製品をお使いになるには電子工作や電子回路についての一般的な知識が必要です。また、キートップ及びキースイッチは付属致しません。
ご自身でお好みのものをご用意ください。

<製品仕様>
対応インターフェース::USB MicroB
最大キー数:56
対応キースイッチ:Cherry MX / Kailh Low Profile
本体寸法:137×D105×H20mm(片側のみ) 重量:約240g(両側合わせ)
※寸法及び重量はキットのみでの計測結果です
動作環境:温度:0~45℃、湿度10~60%(結露なきこと)
内容物:部品一式  部品表&作成マニュアル案内 1部  キット修理案内 1部
生産国:Made in Japan  保証期間:部品初期不良のみ対応 組立後の動作については保証対象外

部品名
Pro micro マイコンボード2
ダイオード56
ピンジャック2
タクトスイッチ2
オーディオケーブル1
USBケーブル1
スペーサー10
スペーサー8
ネジ36
ゴム足8
丸ワッシャー4
基板2
アクリル1